赤城山と赤城神社

先週末、赤城山と赤城神社へ行ってきました。

群馬で山といえば榛名山、赤城山そして妙義山が上毛三山といわれる名峰で、これに浅間、白根・・・と続くそうです(渋川の美容師さんに勧められた漫画「おまえはまだグンマをしらない」井田ヒロト より。この漫画詳細Wikipediaはこちら)。標高が高いから有名なのではなくて、どちらかというと神話、山をご神体とする神社をそれぞれ持っているというのが理由だと思われます(ちなみに榛東村は榛名山の麓、榛名山の東側にあるから榛東なんだと思います)。

10月末の赤城山と大沼はこんな感じでした。

9月に行った榛名山&榛名湖もそうですが、車が次から次へと、続々と山を登ってやってきていて驚きました。さすが上毛三山。榛名山は県内ナンバーの車が多かいように思いましたが、赤城神社の駐車場は千葉や東京、埼玉と、首都圏の様々な地名が並んでいました。

赤城山は初心者にも易しいということで登山に訪れる方が多いそうです。そして大沼では冬のワカサギ釣りが有名だとか。志賀直哉はじめ与謝野晶子など文化著名人も数多く通った地だそうです。

木の種類もあってか、神社周辺よりも上ってくる道中の方が紅葉の色自体は豊かですが、大沼周辺も趣があっていいですね。

私は東京神楽坂にある赤城神社で結婚式を挙げましたが、あの赤城神社もこちら群馬の赤城神社を大元とする全国の赤城神社の一つだそうで。神棚に飾ろうと思っていた赤城神社のお札、来年はどうしよう仕事に行った帰りに寄ったら買えるかな、などと思っていましたが、なんと群馬で買えますね。そして赤城神社は全国にあるんですね。すごい。

北軽井沢へ行ったときも思ったのですが、群馬はもっと魅力を売り出してもいいんでは、、、と思う最近です。以前は群馬といえば「こんにゃくとぐんまちゃん」くらいしか知りませんでしたが、実際色々と行ってみると人が集まっているところが多いし、長野(軽井沢)と栃木(日光)に知名度を持ってかれすぎではないか、と。

伊香保&草津の温泉以外も、いいですよ。と、微力ながらここから発信している次第です。

【確定申告】ジムの年会費が医療費控除になる??

すっかり秋です。群馬はすっかり、しっかり秋です。朝晩は寒いです。

私の家は家電の殆どがレンタルなのですが、今年はオイルヒーターをレンタルしました。先週から大活躍。ちなみにレンタル期間は5月頃までを予定していますが、つまるところ年間のうち9か月は暖房器具が必要ということです。長野の実家でも炬燵は10月からGWまでは出ていますので、こんなものだと思っています。

さて、寒くなってくると外に出るのが億劫になりますね。ロコモティブシンドロームなどという言葉が出てきて久しいですが、私は9月からジムに通い始めています。東京でも行っていなかったジムに群馬で初挑戦。田舎は車社会なので、ただでさえ在宅勤務ということで運動量の激減状態に、これはまずい、と思いたって家の近所で探しました。

メディカルフィットネスぐんまなでしこ

名前とHPからして女性向けのように見えますが、男性も多く通ってらっしゃいます。

こちらは医療法人菊池内科クリニックが開設している内科付属のジムでして、メタボリック症候群の改善や健康増進を目的として、会員一人ひとりにあったメニューを提案してくれるのがウリです。

HPに「厚生労働大臣の認定健康増進施設」とありますが、これは厚労省が認めた運動型健康増進施設のことで、全国数多、該当施設は厚労省のこちらのページに記載されております。

この健康増進施設、リストの横に〇印がついている施設はその中でも利用料が所得税控除の対象(医療費控除の対象)になる施設です。この〇印がついている施設でなら誰でも、というわけではなく、医師の診断と指導に基づいて運動療法を行った場合(運動療法の処方せんと実施証明書を入手した場合)に限られますが。。これを見た瞬間は、私も医療費控除できる!と目を輝かせたのですが、やはりそんなに簡単にはいかないですね。

参考)日本健康スポーツ連盟のサイトの医療費控除までのフロー図

とはいえ普通のジムなら年間会費10万は超えるところが殆どかと思われ、メタボの指導を受けているとか、内科の指示で運動量を増やせといわれているとか心当たりのある方は、ジム料金を医療費控除として使えるかもしれないので要チェックです。

私が行っている「ぐんまなでしこ」はまだ医療費控除の対象施設ではないのですが、今年~来年には申請を出して対象施設にするというお話を聞いていますので、リスト上でまだ対象施設にはなっていないけれど近々対象になる、というジムもあるかもです。

お近くの施設を探して、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

 

🌸税理士法人ヒダへのお問い合わせはこちら

🌸Please ask us, Hida and Company, if you have any, click here.

 

 

 

 

 

平成30年度末 年末調整(配偶者控除等申告書)

まだ10月ですが、早くも年の瀬を感じる時期・・・税理士法人は年末調整の時期です。

今年は「配偶者控除等申告書」というものが新しく登場しました。

昨年度まで会社従業員の方は、「扶養控除等(異動)申告書」と、「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の2枚が渡されて記入していたと思いますが、この「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」が「保険料控除等申告書」と「配偶者控除等申告書」の2枚に分割されました。理由はざっくり言いますと、配偶者控除の計算方法が細かくなったため、1枚の用紙では収まりきらないというものです。

ちなみにこの新しい用紙、年末調整やる側(給与部門や税理士側)としては、配偶者の年間所得見込みさえわかればよいです。従業員の給与見込みは会社がわかっているはずですので、通常給与システム使ってればこの数字は自動で算出されます。最終的な配偶者控除額も、従業員側で計算できなくても大丈夫です。

なので実務的には、従業員には配偶者の情報欄(名前や個人番号など)と、配偶者の合計所得金額(見積額)だけを最低限記載いただいて、あとは給与担当者側でチェックを含めて計算するという形でもよいのではと思います。

英語対応従業員の方のために、国税庁は英語の様式も用意しています。こちらからDLできます。

扶養控除等申告書(英語)Application for (Change in) Exemption for Dependents of Employment Income Earner

保険料控除等申告書(英語) Application for deduction for insurance premiums for employment income earner

配偶者控除等申告書(英語) Application for exemption for spouse of employment income earner

 

🌸税理士法人ヒダ問い合わせフォームはこちら

🌸If you have any questions, please ask us Hida and Company here

累積型配当優先株式の会計上の問題

今日は古橋さんからの質問で、累積型配当優先株式の問題をシェアします。

Q:累積型配当優先株式を発行している会社があります。会社は赤字で配当は出していませんが、この優先株式について未払の配当が事実上累積しています。一方この会社の銀行借入の契約において財務制限条項として配当の記述があります。累積型配当優先株にかかる累積配当(将来払うことになるであろう配当)は財務制限条項で検討すべき配当にあたるでしょうか。

A:剰余金の配当がそもそもできない状況にある(会社法上も残余財産規定に違反する配当は認めていない)ため、配当ではありません。よって財務制限条項がどのようなものかにもよりますが、通常違反にはならないはずです。

累積型配当優先株の配当が累積されている事実を会社は勿論認識をする必要はあると思います。
質問いただいた内容とは別問題かと思いますが、この累積配当を会計上どうするかは問題です。

・未払配当金かどうか:そもそも未払金は確定債務ですが、金額不確定のもの=配当の場合は議決権を経ていないもの、である以上確定債務である未払配当には該当しません。

・引当金かどうか:引当金の定義の「発生の可能性が高いかどうか」が問題になると思います。黒字化して配当制限を超える剰余金が溜まれば配当の可能性が高くなったとはいえると思いますが、その時は通常の配当よろしく決議で金額確定されたものが未払配当金として計上されるのみではないかと考えます。株主優待については優待引当金というのが公認会計士協会の研究報告で出されていますが、配当引当金というのは聞いたことがありませんし、今現時点で検索してみましたが出てきません。

・偶発債務かどうか:引当金でないなら偶発債務かどうかという検討の流れになりますが、以下のとおり通常偶発債務とは将来の「損失」につながりそうなものをさします。累積配当が偶発債務に該当しても注記するかしないかの問題なので、中小企業会計基準の下で処理されているなら注記も特に問題にはなりません。

財務諸表等規則 第 58 条1
偶発債務(債務の保証(債務の保証と同様の効果を有するものを含む。)、係争事件に係る賠償義務その他現実に発生していない債務で、将来において事業の負担となる可能性のあるものをいう。)がある場合には、その内容及び金額を注記しなければならない。ただし、重要性の乏しいものについては、注記を省略することができる。

・常磐興産という上場会社が以前累積型配当優先株を発行していて、過去の累積配当を精算実施した例がありました。
http://www.joban-kosan.com/ir/financial/koukoku/1306/pdf/renketsu.pdf
累積配当を含め優先株への配当を決定した95期より前の期(累積中の期間)の注記には偶発債務としての記載はなく、引当金の注記もないことからどちらでも処理していないと思います。未払金に含まれている可能性までは否定できませんが、確定債務でもない以上未払金にも含まれていないと想像します。

優先株をめぐる会計上の処理については質問の会社以外も直面しているわけですが、現時点で調べた限りにおいてはBSや注記での処理をしている会社はないと考えられ、また配当は株主総会決議事項であることからも決議での支払決定を経ない配当を会計上処理する必要は今のところないと判断します。

備忘ですが、そもそも質問の会社の優先株はその株式の内容として、「平成XX年X月X日以降は自由に償還可能」ということが記載されています。世の中の優先株にはこのような償還可能条件を付けた株式が多々あるようですが、実態は資本というより負債に近いです(社債に近い)。
日本基準は法的性格を重視しているため今のところこのような優先株を通した出資は資本として計上されていますが、IFRSや米国会計では会計上負債に計上されるようです。よって今後IFRSにどの程度日本基準が寄っていくかによりますが、こういう優先株は資本ではなく負債になる可能性もあります。

北軽井沢って群馬なんですね

秋は3連休が多くて嬉しい限りです。

先日北軽井沢に観光に行ったのですが、北軽井沢って群馬なんですね、そもそも。軽井沢が全部長野だと思うなよ!という群馬県民の声が聞こえてきそうですが、浅間山を挟んで群馬県側が北軽井沢だと初めて知りました。

午前中はルオムの森というところにあるSweet Grass Adventureでアスレチック。

以前からアスレチックやりたい、ターザンごっこしたいと思っておりまして。関東は千葉や神奈川にたくさんあるみたいですね。こちらは東京や長野から来ている人もいて、結構混んでますのでWebからの予約必須です!予約も土日は結構埋まっているようです。

子供のころ山の中に設置されたアスレチックで遊んでいたので大丈夫だろーと余裕綽々で臨みましたが、高さが上がるにつれ難易度が上がるにつれ割と追い込まれました。

今年一番笑えた自分の写真でした。最後は足元がふらふらで。翌日はジムで鍛えてるのとは違う筋肉痛に襲われました。首とかみぞおちとか。

 

午後は、これも長野違うんかって思った浅間山の鬼押出園へ。ずっと長野だと思っていましたよ私は…群馬なんですね。

溶岩なので、時とともに風化していくのだと思われ、多分いま見る景色と昔、今は違ったものなのでしょうね。結構肌寒く、気温が低いからか紅葉も進んで綺麗でした。

しかし長野県出身の私が全部長野だと思っていたこの地域、群馬はアピールが足らんのではないかと思います…。こんにゃくとぐんまちゃんだけじゃない群馬。なかなかいいです。

【助成金】キャリアアップ助成金(正社員化コース)

続きまして2回目は、キャリアップ助成金(正社員化コース)です。

1、目的:有期契約社員から正規雇用社員への転換促進

⇒ちなみに、、同族会社にありがちな3親等以内親族は対象になりません。

2、金額:①有期→正規への転換 1人当たり57万、②有期→無期は1人あたり42.75万、③無期→正規は一人当たり28.5万

なお上記は中小企業の場合で、大企業は①が42.75万、②と③は21.375万

また1年度に20人までです。

さらに、

追加1)①と②について、派遣労働者を派遣先で正規雇用として直接雇用する場合には一人当たり28.5万

追加2)①について35歳未満の母子家庭もしくは父子家庭の母、父が支給対象者の場合は一人当たり95,000円加算、②と③の場合は47,500円加算

追加3)①と③について、勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定した場合は一人当たり95,000円加算(大企業は71,250円加算)

⇒上記のうち最もインパクトが大きい組み合わせは、①と追加1の組み合わせ、派遣有期労働者を企業が直接雇用で正規社員に転換する場合の計85.5万円です。

3、助成金要件:事前にキャリアアップ計画を作成し、労働局・ハローワークから作成についての助言を受け、認定される必要があります。そのうえで認定された計画に基づき、計画された期間内に有期契約社員を正規雇用労働者に転換します。そしてその際転換前の6か月より転換後6か月の賃金総額が5%以上増額していることが要件です。

⇒手続き詳細はパンフレットに記載されていますが、事前に計画書を作成したうえで、作成した計画書に従って、必要に応じて就業規則の改定などを行う必要があります。

⇒また、賃金計算要件があるため、この助成金を受け取るまでには最低でも6か月以上かかります。

4、賃金総額とは:賞与や諸手当を含む。ただし、通勤手当、時間外労働(固定残業を含む)手当及び歩合給は除く。

5、有期契約の期間:対象となる有期契約社員は、転換前に当該事業主から雇用されていた期間が3年以下であることがポイントです。3年以下なので、数か月でもいいです。

6、ここでいう中小企業とは:資本金が5,000万以下ならどの企業も中小企業として扱われます。資本金5,000万超の場合は雇用労働者数の判定基準があります。

7、支給申請期間:賃金支払い日の翌日から起算して2か月以内。

⇒そもそも事前申請して計画通りにやっているので、忘れる可能性は低いです。直接雇用後に6か月の給与実績が必要なので、直接雇用後6か月目の給与支払い日から2か月以内(直接雇用から大体8か月)ということになります。

8、そもそも要件:助成金の基本要件は、1)雇用保険適用事業所 2)労働保険料の滞納なし 3)過去3年間の不正受給なし 4)過去1年間に労働関係法連の違反なし 5)申請の前後6か月以内の解雇なし 7)就業規則、出勤簿や賃金台帳を整備していること です。5)の解雇について従業員による自主退職は含まれません。

9、詳細はこちら厚生労働省キャリアアップ助成金パンフレット

質問等々ございましたらコメント欄、もしくは税理士法人ヒダの問い合わせフォームもございますのでご利用ください。

税理士法人に興味のある方はこちら 税理士法人ヒダHP

 

【助成金】両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

先日助成金セミナーなるものに出てまいりまして、これ簡単、すぐ使えそうな助成金を紹介しようと思います。

表題のとおりまずは両立支援等助成金(出生時両立支援コース)。これセミナーで紹介された中でも相当簡単にできそうな内容なので、子供が生まれそうor生まれたばかりの子供を持つ従業員がいるのであればすぐ!すぐやりましょう。

1、目的:男性の育休取得を促す助成金です。

2、金額:1人目の育休取得57万円 2人目以降10人まで14万~33万円(休暇取得日数による) なおこの金額は中小企業向けで、大企業は1人目が28.5万です。

3、助成金要件:男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作り+男性労働者に子の出生後8週間以内に連続して5日以上の育児休業を取得させる(無給有給は問われません)

4、職場風土作りとは:労務規定に男性の育休取得可の旨記載&その旨を社内全員に周知させる。全社メールとか掲示板への掲載など。

5、連続して5日以上とは:土日祝日及び会社所定の休業日を除いて5日連続です。例えば所定休暇が土日の場合は、月曜から金曜まで通常の営業日に休暇を与えないといけません。この育児休暇については有給にしても無給にしても構いませんが、当初から付与されている有給休暇を使った場合はここでいう育児休暇とはみなされず助成金対象外になってしまう点注意です。

6、ここでいう中小企業とは:資本金が5,000万以下ならどの企業も中小企業として扱われます。資本金5,000万超の場合は雇用労働者数の判定基準があります。

7、申請期限:要件を満たす育児休業の開始日から起算して14日(中小企業は5日)を経過する 日の翌日から2ヶ月以内。

8、そもそも要件:助成金の基本要件は、1)雇用保険適用事業所 2)労働保険料の滞納なし 3)過去3年間の不正受給なし 4)過去1年間に労働関係法連の違反なし 5)申請の前後6か月以内の解雇なし 7)就業規則、出勤簿や賃金台帳を整備していること です。5)の解雇について従業員による自主退職は含まれません。

10、詳細はこちら厚生労働省両立支援等助成金パンフレット

質問等々ございましたらコメント欄、もしくは税理士法人ヒダの問い合わせフォームもございますのでご利用ください。

税理士法人に興味のある方はこちら 税理士法人ヒダHP

 

Business corporate bank account in Japan

Hello, this is Yukiko Usui from Hida&Co. 

Hida&Co is a tax accounting company in Japan, set up since 1985, at Shinjuku-Tokyo.

From today, I will share with you, some business topics in Japan.

We, Hida&Co, has many clients which operated by Non-Japanse and subsidiaries of the overseas company. Sometimes they ask us business practicable issues. Most of those are very easy and normal things for Japanese, but you know, for foreigners who are not familiar with Japanese business culture, it is not easy to get information. Because most of all of the website regarding those issues are written in Japanese, not provided in English. So, I start to share some practical things with you.

In the first, today, I introduce that, What Bank is the Best to Open Your Corporate Bank Account in Japan.

The answer is, anything is OK, except you want to get a corporate DEBIT card.

Last week, one of my clients asked me with showing me the ATM card of their company’s corporate bank.

“We need to make a purchase online, but we are wondering if you could clarify which are the card No., expiration date and security code?”

I replied that,

“This card is just an ATM card. If you want to use your ATM card as DEBIT CARD (like as the credit card), I recommend you to set your bank account in Japan Net Bank or Sumishin-SBI Net Bank. Or, I recommend you to apply for corporate credit card.”

In Japan, I think most of the bank does not provide the corporate DEBIT card to companies. Japan Net Bank, Sumishin-SBI Net Bank, and Rakuten-Bank provide it (in 2018 Oct. now, and I didn’t check any information of local bank).

And, If you have a corporate credit card instead of DEBIT card, in some cases, it is not easy to get it. Especially when your company is still small or just started your business. The Corporate Credit Card Division does the inspection of you and your business to allow you having the credit card or not. Sometimes it would be hard to verify that you have a credit.

If you want to have a corporate DEBIT card, I recommend you to have Japan Net or Sumishin-SBI rather than Rakuten. Because Japan Net and Sumishin-SBI provide the corporate DEBIT card with “VISA” brand. On the other hand, Rakuten provides with “JCB” brand. You can use VISA brand in much more places than JCB still now.

 

When you have a plan to set up your bank account, I recommend you to have a short discussion with your accountant, especially local Japanese accountant like us!

If you have interests in our company, please contact us.

Hida and Company   https://hida-cpa.com/global/index.html

The contact form is here   https://hida-cpa.com/global/index.html#contact

秋晴れ朝散歩

今日は台風前の貴重な晴れの日ということで、朝少し散歩に出かけました。外が温かくて気持ちいいなんていい季節ですね。秋ですな。

散歩は、勿論NHKの朝ドラを見終わってから…!!朝ドラ、人生で初めてちゃんとみてます(と言っても8月以降の途中からです)が、朝から一人キャーキャー言ったり泣いたりで中々大変です。

奥に見える家々のさらに向こうが渋川市~前橋高崎あたりの開けた土地になります。群馬の山は長野に比べると低いですが、地方で景色を見るたびに大学で東京で暮らし始めた時の「山が・・・ない!!」と驚いたのを思い出します。見渡す限り平地って凄いことですよ。

渋川市は伊香保温泉を抱える市ですが、先日榛東村から伊香保温泉まで車で15分程度で行けることが判明し、夫曰く「近すぎて有難みが薄れる」、そんな感覚です。

在宅は通勤がない&基本車移動ということで運動量が激減してしまいまして、最近週2でジムに通っています。人生初めての、ジム通い…。ジムまでは勿論車で行き、有酸素運動10分+筋トレマシン6台を数セットで1時間くらいで帰ってきますが、帰りの運転は結構ふらふらです。

ジムのトレーナーの人と話すというのが数少ない私の外部コミュニケーションということもあって楽しみにしているものの、普段会話をしていないせいかあんまりうまく喋れません苦笑。毎回ちょっと緊張してしまう。

在宅の田舎生活は今のところ満足なのだけど、コミュニケーションスキルの減についてその対策が目下の課題であります。

 

 

 

榛名神社

三連休は家の近所でぶどう狩り⇨榛名湖散策でした。

榛名神社は榛名湖散策中に看板を見て、最後とりあえず行くか、となったのですが、

当初の想像以上に神聖かつ荘厳なところでした。

「おまえはまだグンマを知らない」という漫画で、榛名山や赤城山が群馬県民にとって如何に重要な山かということは知ってましたが、つまるところ山自体が御神体ということですね。

神社仏閣で写真を撮りまくるのは心苦しく良さを十分にご紹介できないのが残念ですが、榛名神社のホームページや他の方のブログなどなどが充実しているのでそちらで詳細ご覧ください‥。

滝もあり。

 

水に浮かべて結果を見る御神籤が楽しかった。

榛名湖は山中湖や河口湖ほど栄えている感じはないのですが、それでも駐車場にはひっきりなしに観光客の車がきて、家族や友人とアヒルボートを楽しんだり馬に乗ってみたり自転車乗ったりしている方が沢山いらっしゃいました。

なかなかいいね。私はあの複数人でこぐ自転車に乗りたい。