高崎だるま市

年明けから2月末までが私の超繁忙期だったため、更新が止まっておりました。
よって暫くは内容が時系列前後します…。

1月1日、2日と新年早々高崎駅前で高崎だるま市なるものが開催されていたので行ってきました。高崎といえばだるまです。

新幹線のホームから階段を下りれば目の前にだるま、駅のお土産コーナーにも年中だるま、改札を出ても巨大だるまが鎮座するだるまの名産地ですが、私は長野の実家でもだるまをよく購入していたので(松本もだるまの産地)、東京で一人暮らしをしていたときも今に至るまで中小サイズのだるまを部屋に置いています。

高崎のだるま市で目を引いたのは「名入れ」で、たぶん東京の有名どころでもやっているのではないかとは思いますが、買っただるまに1か所500円で名前なり会社名なり、追加文言(健康長寿、XX高校/大学合格祈願みたいなのが多かった)なりをだるまの前方(腹)もしくは後方(背中)に入れてくれます。

うちのだるまにもお腹に家の苗字を入れてもらいました。


暖をとる達磨たち (名入れしてもらったあと乾かすためにこうなる)。右から2番目のが我が家の。

写真でもわかるとおり、だるま産地では大型が人気ですね。やはり家が大きいからでしょうね。床の間にどん!と置いてあるのが想像できます。

ちなみに大型の達磨(大型の中でも極めて大きいやつ)を買ったお客さんには、だるま屋さんが火打ち石を打ってくれたり鐘を鳴らしてくれたりしていました。

だるまは毎年買い換えるのが鉄則です。去年のだるまの処分に困っていた東京時代はわざわざ正月、実家にだるまを抱えて帰り、実家の地域の三九郎(どんどやき)に出して奉納してもらっていました。

しかしさすがだるまの産地、群馬では私の住んでいる地域もどんど焼きがあるということで今年は群馬で奉納できました。

木の枝に刺したピンクや緑の団子を持ってどんど焼き会場に集まる小学生を見て、懐かしい気持ち&21世紀も変わらぬ風習になぜか涙が出そうでした。

歳ですね。また1年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です