【助成金】両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

先日助成金セミナーなるものに出てまいりまして、これ簡単、すぐ使えそうな助成金を紹介しようと思います。

表題のとおりまずは両立支援等助成金(出生時両立支援コース)。これセミナーで紹介された中でも相当簡単にできそうな内容なので、子供が生まれそうor生まれたばかりの子供を持つ従業員がいるのであればすぐ!すぐやりましょう。

1、目的:男性の育休取得を促す助成金です。

2、金額:1人目の育休取得57万円 2人目以降10人まで14万~33万円(休暇取得日数による) なおこの金額は中小企業向けで、大企業は1人目が28.5万です。

3、助成金要件:男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作り+男性労働者に子の出生後8週間以内に連続して5日以上の育児休業を取得させる(無給有給は問われません)

4、職場風土作りとは:労務規定に男性の育休取得可の旨記載&その旨を社内全員に周知させる。全社メールとか掲示板への掲載など。

5、連続して5日以上とは:土日祝日及び会社所定の休業日を除いて5日連続です。例えば所定休暇が土日の場合は、月曜から金曜まで通常の営業日に休暇を与えないといけません。この育児休暇については有給にしても無給にしても構いませんが、当初から付与されている有給休暇を使った場合はここでいう育児休暇とはみなされず助成金対象外になってしまう点注意です。

6、ここでいう中小企業とは:資本金が5,000万以下ならどの企業も中小企業として扱われます。資本金5,000万超の場合は雇用労働者数の判定基準があります。

7、申請期限:要件を満たす育児休業の開始日から起算して14日(中小企業は5日)を経過する 日の翌日から2ヶ月以内。

8、そもそも要件:助成金の基本要件は、1)雇用保険適用事業所 2)労働保険料の滞納なし 3)過去3年間の不正受給なし 4)過去1年間に労働関係法連の違反なし 5)申請の前後6か月以内の解雇なし 7)就業規則、出勤簿や賃金台帳を整備していること です。5)の解雇について従業員による自主退職は含まれません。

10、詳細はこちら厚生労働省両立支援等助成金パンフレット

質問等々ございましたらコメント欄、もしくは税理士法人ヒダの問い合わせフォームもございますのでご利用ください。

税理士法人に興味のある方はこちら 税理士法人ヒダHP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です